社会文化の考察

Just another WordPress site

Flower

市民葬について

低料金の簡素な葬儀

市民葬(区民葬)というのは、自治体が、住民への福祉の一環として行っている低価格の葬儀サービスのことです。
全国すべての自治体で行っているわけではなく、またその地域の居住者しか利用できません。
希望する場合は、まず所在地の市民町村役所に電話して、そうしたサービスがあるかどうかを確認しましょう。

市民葬の特徴は、料金が安いことです。
そのためか、東京都の利用率は3倍。
年々明増えているそうです。
葬儀を請け負うのは、市民葬儀取り扱い店として登録されている葬祭業者のみで、他の葬祭業者は、このシステムには対応してもらえません。
また、市民葬は、物品の提供が中心で、規格、運営、人的サービスはついていません。

利用のしかた

【東京都の区民葬の例】

①23区内に在住することが条件

②区役所窓口に死亡届を提出。区民葬をしたい旨を申し出る

③区民葬儀所管の課で「利用券」が交付される
利用券は、祭壇料金、霊柩車運送料金、火葬料金、遺骨収納容器代のセットになっています。

④次のランクの選択肢から選ぶ
・祭壇料金/金欄4段飾り、白布3段飾り、白布2段飾り
・霊柩車運送料金/普通霊枢車、宮型指定市
・火葬料金/大人、子ども
・遺骨収納容器(骨壷)/2号(大)、3号(中)、6号(小)
それぞれの選択肢から、好きな組み合わせで選択できます。

⑤祭壇料金に含まれるものと別途料金が必要なもの
・祭壇料金に命まれるもの/祭壇一式、棺、焼香川具、記帳道具、設営・撤収、管理(連絡・通信、人件費、運搬費、交通費など)
・別途料金のもの/宗教者への謝礼、飲食代、斎場使用料、ハイヤー、マイクロバス、遺影写真、会葬礼状、返礼品、生花、供物、花環、ドライアイスなど

なお、霊枢車は、普通車には割引がありますが、宮型指定車には割引がありません。
祭壇をつくらない場合は、寝棺のみの利用だと桐張棺6万3000円、プリント棺4万2000円、別途に人件費がかかります。
棺は、ロングサイズ(185仰、195佃)の場合は差額が必要です。

また、故人が子どもの場合、祭壇料金に割引があります。
区民葬を扱う葬祭業者がやってくれるのは、葬儀・告別式終了まで。
その後の後飾り、還骨法要、初七日法要などは含まれません。

公営斎場を扱えばさらにリーズナブルに

葬儀を行う場所は、公営の斎場を使えば、使用料は民営斎場の2分の1~3分の1ですみます。
ただし、故人または喪主がその地域住民の場合しか利用できないところ、他地域の住民が使用する場合は割高の料金になっているところなどがありますので、確認をしてください。

最近では、民営斎場にもひけをとらない設備の充実した公営斎場も増えています。

横浜の葬儀社ひかりの杜では、市営斎場を使用したリーズナブルな葬儀をプランニングしてくれます。
葬儀の事は、こういった良心的な葬儀社に相談すると良いでしょう。
ご興味のある方は「横浜 葬儀」で検索してみてください。