社会文化の考察

Just another WordPress site

Flower

風水の取り入れ方

「風水」と「家相」を取り入れる

リフォームでも最近は、「風水」や「家相」の名のもとにさまざまな情報が流されています。
その中には、明らかに誤解によるものや、根拠のあいまいなものも少なくありません。
ただ、「風水」や「家相」は、中国や日本における長い歴史の中で先人が築き上げた知恵の結晶であることは間違いありません。
そこには、現代の我々にとっても、参考になる視点が含まれています。

たとえば、部屋の中を整理整頓し清潔にしておくと良いことがあるというような、生活習慣へのアドバイスがそうです。
そもそも、風水と家相の基本的な目的は、「物理的、精神的に良い住環境をつくる」ことです。
どんなに風水や家相の細かい知識を駆使して家を建てても、住んでいる人にとって暮らしにくいものであったり、家の中が乱雑で手入れもしない状態にしておいたりすれば、風水と家相の本来の意義は失われてしまいます。

当サイトは、風水や家相で、これだけは絶対守らなくてはならないというものはないと考えます。
家族みんなが明るく、何の憂いも無く暮らせる住環境を自分なりに考え、実現することこそ、風水や家相にかなったリフォームといえるでしょう。
それに、現代では技術の発達により、風水や家相の考え方が当てはまらないことも少なくありません。
たとえば、浴室やトイレを北側や鬼門に置くのを避けるのは、冬寒いと不良で体にも悪いことが一因と考えられます。

しかし、今までは暖房付きユニットパスなどがあり、方位による違いはあまり関係ありません。
それでも、風水や家相を取り入れるのであれば、はっきりとした目的意識を持つべきでしょう。
風水と家相がどのように成立したのかを知り、その中から自分が信じるもの、求めるものを取り入れていけば、きっと満足いくリフォームになるはずです。
逆に、人に言われたからというだけで、何も考えずそのとおりにしているのでは、住みにくい家ができるだけです。