社会文化の考察

Just another WordPress site

Flower

暮らしをより良いものに DIYの魅力

DIYと日曜大工は違う

DIYは、ドゥ・イット・ユアセルフの略。
「よりよい住まいと暮らしを自分たちの手でつくろう」という、前向きな生活者の姿勢と行動を表す言葉です。
もともとは1945年に英国で始まり、ヨーロッパ中に広がり、やがてアメリカに渡ってホームセンターというビッグビジネスに発展しました。
日本では少し前まで、DIYは「日曜大工」として捉えられていました。

しかし、DIYは、木工やペイントなどの日曜大工にとどまらず、掃除、収納、室内のイメージチェンジなど、住まいと暮らしに関する全てのことが含まれます。
DIYとは、一部のマニアや器用な人向けのものではなく、誰もがそれぞれのレベルに合わせ取り組めるものです。

特に近年は、日本でもホームセンターが充実し、気軽にDIYを楽しめる時代になってきました。
DIYの最大の魅力は、お金をかけず、自分の手と頭を使って、快適な生活を創造できることです。

人と違うもの、オリジナルなものができるのもDIYならでは。
家族や仲間と一緒にやれば、コミュニケーションも深まります。

ホームセンターで興味あるものを探そう

DIYの第一歩として、とりあえずホームセンターに行ってみましょう。
いろいろなジャンルの材料や道具が並んでおり、自分の興味のあるもの、やってみたいことを探してみてください。

疑問があれば、スタッフ(DIYアドバイザーも多い)に聞いてみましょう。
最近のホームセンターは、木材や金属の加工サービス、工具のレンタル、運搬車の貸し出しだけでなく、木工や壁の塗り方などの実演、無料DIY教室などいろいろな催しもやっています。